こちらのページでは講演会等のイベントスケジュールをご紹介しております。
過去の講演会資料も各イベント詳細ページからご覧になれます。

  • 今後開催予定のイベント
  • 過去に開催されたイベント

2018年10月例会・講演会

会場

機械振興会館     東京都港区芝公園3-5-8
  東京メトロ神谷町 2番出口徒歩8分 東京タワー正面

内容

例会  (13:00~13:30)B3 会議室-1
講演会 (14:00~16:50)同上
①「辛味革命『香辛子』~フルーティで、辛味の後味が良いトウガラシの物語~試食付」 
 関 哲也氏(味の素株式会社 イノベーション研究所フロンティア研究所先端融合研究グループ 主任研究員 技術士 生物工学部門 

②「食品工場のアレルゲン管理における検査技術」
  加藤重城氏(プリマハム株式会社 基礎研究所第一課長)

2018年9月例会・講演会

会場

機械振興会館   東京都港区芝公園3-5-8 
東京メトロ神谷町 2番出口徒歩8分 東京タワー正面

内容

センター会員 例会  (13:00~13:30)B3 研修室-2

講演会 (14:00~16:50)同上
①「真空技術・プラズマ技術の基礎と食品製造への応用」 
坪井秀夫氏(合同会社 坪井技術コンサルタント事務所代表社員)(技術士応用理学部門)

要旨:真空技術が食品製造に利用されています。また最近では、プラズマを農業や食品に利用する研究が見られます。本講演では、真空技術やプラズマ技術に関し、基礎から応用までの概要を説明します。真空技術については、真空産業が発展してきた歴史の話をした後に、食品産業における凍結真空乾燥等の応用例についてお話します。プラズマについては、プラズマがエレクトロニクス等の産業界で利用されてきた歴史の概要を説明します。そして近年、プラズマが農業や食品へ応用されている研究例を紹介します。

②「機能性表示食品制度における生鮮食品の現状と課題」 
小堀真珠子氏(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域長)

要旨:平成 27 年度に開始された機能性表示食品制度では、事業者の責任で、食品のパッケージに健康機能性を表示できるようになった。その市場規模は急速に伸びており、1300 件を超える届け出が受理されている。しかし、このうち生鮮食品は僅かに 15 件であり、うち 12 件は大豆またはみかんである。そこで、含まれる成分量が一定でないこと等の、特有の問題を含めて、生鮮食品の機能性表示における現状と課題についてお話しします。

2018年8月 例会・講演会

会場

機械振興会館 会議室

内容

講演 ①  「世界初 カフェインゼロ緑茶の開発技術」 
塩野貴史氏(キリン株式会社 R&D本部 酒類技術研究所 主任研究員)
(技術士生物工学部門)
要旨: カフェインは緑茶、紅茶やコーヒーなどの嗜好飲料に含まれており、特定の飲用シーンや体調に応じてカフェイン摂取量をなるべく少量に留めたいという声が多くあった。その中でも、飲用頻度の高い緑茶カテゴリーにおいて、世界初となるカフェインゼロの緑茶飲料を実現した。カフェインゼロ緑茶飲料の開発経緯や一般的なカフェイン除去方法を中心に、おいしさとカフェイン除去を両立したカフェインクリア製法の概要をご紹介します。

講演 ②  「官能評価と機器分析を用いたにおいや味の評価、数値化」 
吉田浩一氏(アルファ・モス・ジャパン株式会社 ゼネラルマネージャー)
要旨:食品の官能特性の評価に有用な官能評価手法、特に定量的に測るQDA法や、口中での時間経過での変化を評価するTDS法の活用法を説明する。また、官能評価データを補完するための機器分析技術として、においや味の複合的要素の検出とその多変量解析手法を紹介し、官能評価との相関づけに基づく製品開発や品質管理での適用例について紹介する。

会費 センター会員 1,000円  会員外 2,000円

2018年7月 例会・講演会

会場

機械振興会館 B3 研修室―1

内容

講演 ① 「フードサプライチエーンにおける「フードロス」削減と利害関係者の役割
-食料・資源・エネルギー・廃棄物への挑戦-」 
田中好雄会員 食品流通アドバイザー(田中技術士事務所)
講演 ② 「失敗しない食品工場建設の進め方」 
田中健次氏(株式会社創元設計 企画営業部 課長)

2018年度定期総会

会場

協和キリンプラス 清風クラブ 2F
(東京都渋谷区上原3-32-6 小田急線東北沢駅東口 徒歩3分)
入口ドアは施錠されています。ドア右押釦で呼び出し、開錠。

内容

(1)理事会 (10:30~12:00)

(2)例会(連絡事項)(13:00~13:30)

(3)講演会(14:00~16:50) 

①「PETボトルのアセプティック充填(無菌充填)」

  松田晃一氏(T-Bインターナショナル代表、本会会員)

②「ファインバブルの基礎と応用~食品機能付加と洗浄~」

寺坂宏一氏(ファインバブル学会連合 理事長 、

ファインバブル産業会 理事、慶應義塾大学理工学部 教授)

 会費:センター会員1,000円、会員外2,000円

 申込不要:直接会場にお越しください。

(4)情報交換会 ワンコインパーティー(17:00~18:00)

 会費:どなたでも500円