2022年2月19日(土) 講演会

未分類

2022年2月19日(土) 講演会 14:00~16:50
場所 :機械振興会館(リアルとWeb両用、状況によってWebのみ)

13:00~13:30頃 例会
14:00~

講演1:「酵母由来β-フラクトフラノシダーゼのフラクトオリゴ糖生産への利用」 吉川 潤氏(東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科 准教授)技術士(生物工学)、博士(農学)

講演要旨:
フラクトオリゴ糖(FOS)は、ショ糖に数個の果糖が結合したオリゴ糖であり、整腸作用などの生理機能が知られている。FOSの生産にはβ-フラクトフラノシダーゼ(FFase)による転移反応が効果的であり、国内では糸状菌Aspergillus japonicusによる実生産例が広く知られているが、黒色酵母Aureobasidium pullulansも利用されている。本講演では、A. pullulans由来FFaseによるFOS生産に加え、演者が取得した新たなFOS生産酵母であるZalaria sp. Him3を含め、酵母における物質生産の一例について紹介する。

講演2:「分離膜の特性と食品分野への応用」 東郷育郎氏

株式会社サンアクティス顧問、(一財)安全保障貿易情報セン ター 輸出管理アドバイザー兼該非判定アドバイザー、(一財)造水促進センター 特別技術アドバイザー、事業評価委員会委員、(NPO法人)JDA協会理事、日本海水学会 参与