2021年 8月 例会 講演会

例会 講演会

2021年 8月21日(土) 例会13時~   講演会14時~

場所:機械振興会館(リアルとWeb両用、状況によってWebのみ)

講演1:「酒粕・酒粕由来ペプチドの新規機能性」

月桂冠株式会社 醸造部 生産技術課 堤 浩子氏(技術士生物工学部門)

講演要旨:
日本酒は、香味を楽しむ以外にも、麹菌や酵母による発酵で生まれた機能性にも着目されている。酒粕には、コメや酵母由来の成分が豊富に含まれており、それらは醸造過程で生成される。酒粕や酒粕を酵素で加工した酒粕由来ペプチドの機能性を探索した。その結果、酒粕には体を温める効果等、酒粕由来ペプチドには、血圧上昇抑制や抗酸化などの機能性を見出した。このような身近な発酵素材である
酒粕の着旺盛について紹介したい。

講演2:「緑茶市場を活性化させる特定保健食品、
機能性表示食品の開発」

株式会社伊藤園 マーケティング本部 本部長 志田光正氏

要旨:
1985年緑茶飲料誕生以来、緑茶飲料市場は茶カテキンの健康価値を背景に伸長してきた。わずか20年で市場規模が約4500億円まで急成長するなか、ブランド間競争が激化。10年に及ぶ価格闘争は、緑茶そのものの価値訴求力を弱め、飲料・リーフともコモディティー化を引き起こした。
その10年を踏まえ、現在は緑茶のリーディングカンパニーとして、緑茶の本質的な価値向上を図る。市場活性化を目指す、特定保健用食品、機能性表示食品の開発と育成の取り組みを紹介する。

 

参加費 会員1000円、非会員3000円
参加申込みは、パスマーケット8月のページで受け付けております。