2021年 9月 例会 講演会

例会 講演会

日時:2021年9月18日(土)14:00~16:50
場所:Webのみの開催と変更になりました

講演1:「地元素材を活用可能な異分野技術を導入した水産加工技術の開発」 -魚醤油製造への醸造技術的アプローチ-

地方独立行政法人 北海道立綜合研究機構 食品加工研究センター 食品開発部 部長   吉川修司氏 (技術士生物工学部門、総合技術監理)

講演要旨:
魚醤油は魚介類と食塩を主原料とする発酵調味料で、日本を含めアジアで広く製造されている。近年、国内需要が増加し、2002年以降1万トンを超える安定した需要がある。しかし、魚醤油には特有の臭いや高塩分など品質上の課題があり、品質のバラつきも多い。そこで演者は、魚醤油製造に醸造技術の導入により品質向上を図り、北海道内各地で様々な魚醤油を製品化してきた。本講演では、着想から技術開発・普及にいたるまでを紹介する。

講演2:「清酒に含まれるオリゴ糖について」

東京農業大学 応用生物科学部醸造学科 准教授 徳岡昌文氏

講演要旨:
清酒は米を原料とする醸造酒であることから、不揮発性成分として糖を最も多く含む。演者らは、長年未解明であった清酒中の重合度4以上のオリゴ糖について、分析法の構築から精製、構造解析、麹菌の遺伝子破壊などを組合わせた研究を進めている。これまでに、重合度6~8の清酒中オリゴ糖が特徴的な分岐構造を持つことを明らかにしているほか、米の分解だけでなく麹菌酵素による糖転移が生成に関わることを見出しており、その研究内容を紹介する。

参加費 会員1000円、非会員3000円
参加申込みは、パスマーケット9月ページで受け付けております。